Four Nines SPIRIT SUPPORT 999.9 スピリットサポート

Ronnie Quintarelli

ロニー クインタレッリ

レーシングドライバー

プロフィール

6歳のときに父親から与えられたゴーカートがモータースポーツとの出会い。
1990年、エントリー可能な年齢10歳を迎えるとともに初レースを経験。以降9年間、国内外問わず数々の優勝を果たしゴーカートでレースキャリアを積む。
2000年、イタリア選手権「フォーミュラ・ルノー2000」でフォーミュラデビュー。
2002年までヨーロッパを拠点に活動。
2003年には活動の場を日本に移し、「全日本F3選手権」に出場。
翌2004年には同選手権でシリーズチャンピオンを獲得。
2005年は「SUPER GT」に参戦。同シーズン半ばには「フォーミュラ・ニッポン」参戦を果たす。
「フォーミュラ・ニッポン」参戦3年目の2007年、第4戦で念願の初優勝を遂げた。
2008年からはニッサン契約ドライバーとして「SUPER GT」にフル参戦し、その年の第7戦には注目の新型NISSAN GT-Rで優勝を飾る。
2011年には「SUPER GT」シリーズチャンピオンを獲得、翌2012年に2年連続でチャンピオンとなり、同チーム同パートナーでのV2獲得というシリーズ史上初となる偉業を成し遂げた。
2013年にチームをニスモへ移籍、名門のカーナンバー23号車をドライブする。
2014年には3度目、2015年には4度目となるシリーズチャンピオンを獲得、SUPER GT GT500クラスで史上最多タイトルを手にする。
2016年6月、長年にわたる日本でのレース活動およびSUPER GTでのシリーズチャンピオン4度獲得の功績と、東日本大震災後の東北地方における継続したボランティア活動が高く評価され、イタリア共和国より連帯の星勲章「ウッフィチャーレ」章を受章。
現在は日本での活動に重点を置き、現役レーサーであるとともに、モータースポーツの普及や後進の人材育成、ボランティア活動などにも力を注いでいる。

一覧へ戻る