Four Nines SPIRIT SUPPORT 999.9 スピリットサポート

LEOMO Bellmare racing team

LEOMO Bellmare racing team

レーシングチーム

プロフィール

国内トップカテゴリー「Jプロツアー」を走るサイクルロードレースチーム。

2018年チーム体制:

選手…
才田 直人(さいだ なおと)キャプテン
米谷 隆志(よねたに たかし)エース
小島 渓円(こじま けいえん)アシスト
林 祐作(はやし ゆうさく)アシスト
岩瀬 照(いわせ しょう)アシスト
加地 邦彦(かじ くにひこ)GM

監督…
宮澤 崇史(みやざわ たかし)元全日本チャンピオン、北京五輪代表

2018年シーズンは、小嶋渓円選手がウォークライドから、春から高校三年生になる岩瀬照選手が新潟県立吉田高校からチームメンバーとして新たに加入しました。
小嶋選手はフィジカルの頑丈さだけでなく、押しきれる力をどこまで引き上げられるか、2018シーズンが勝負の年。
岩瀬選手は昨年の全日本選手権を視察した際、走りの積極性と何よりも声をかけた選手の中で一番しっかりとヨーロッパを見据えていることが好印象だった選手。
キャプテンにベテランの才田直人、エースに米谷隆志、アシストに小嶋渓円、岩瀬照、林祐作のわずか5名体制でレースに挑みます。
昨年も4名の少人数体制ながらチーム総合5位をマーク、6回の大会で表彰台に乗るという、少数ながら精鋭揃いのチーム構成でした。
リオモ・ベルマーレでは、選手一人一人が成功体験をすることで報奨金が支払われる「ヨーロッパ式評価軸」を基準に選手育成をしています(昨年は横塚選手が優勝報奨金30万円を獲得)。
反対に、忘れ物をしたりレースへの準備が不十分だった選手は減額されるという、常にプロフェッショナルとしての意識を植え付ける育成を行っています。
また選手育成の一つとして、メイン・スポンサーのLEOMO社が開発したサイクルコンピュータ「TYPE—R」を活用し、モーションセンサーで選手の動きを見ながら選手にアドバイスを行います。
横塚選手はJPT初優勝を果たし、才田選手もデータを取りながら自身の変化を評価できるようになり、フルタイムワーカーながら表彰台に上ることのできる安定した成績を出しており、今年もリオモ・ベルマーレは高いモチベーションを持ってレースに臨みます。

一覧へ戻る