Four Nines SPIRIT SUPPORT 999.9 スピリットサポート

Masato Kawabata

川畑 真人

レーシングドライバー

プロフィール

1977年10月15日生 Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACINIG所属。
D1初参戦は2002年第4戦。当初は勤め先であるGPスポーツ製作の180SXで参戦していた。
2004年に平岡英郎が離脱したワークスチームのトラストに抜擢され、シルビア(S15)に乗りシーズン後半になって追走に進出するようになる。
2005年は上位入賞を重ね、ランキング5位と飛躍した。2006年は、第7戦富士で初優勝。
チャンピオンを争った熊久保信重、野村謙、風間靖幸に続くランキング4位となる。
2007年はチームTOYOに移籍。開幕戦エビスで2位と好スタートを切ったが、第2戦富士の追走で斎藤太吾と接触し、そのままタイヤバリアに激突。
川畑本人は軽い打撲で済んだが、マシンは全損。このクラッシュがD1最大の事故となってしまった。
第3戦鈴鹿には、製作が間に合ったニューマシンのシルビアを投入。
鈴鹿の単走では、D1初となる、3本全てで100点を獲得し、前戦のクラッシュの影響を感じさせない走りを見せた。
第4戦SUGOではシーズン初優勝、第6戦オートポリスで2勝目、最終戦ではシーズン初の追走1回戦敗退を喫するも、
ライバルの熊久保が準決勝で敗れたため、わずか1ポイント差ながら、初のD1シリーズチャンピオンを獲得した。
2008年は第1戦のみシルビアで参戦。2戦目からは新規に制作した180sxで戦うものの、最終的なランキングは6位で終えた。
毎年のようにチャンピオン争いに加わるものの、なかなかチャンピオンに届かないという展開だった。
2013年に第3戦で単走追走共に優勝してランキングトップに立った後、
そのまま逃げ切り2度目のチャンピオンを獲得した。
(単走ランキングでもチャンピオンを獲得しており、単走ランキングが設定されて以降初の総合及び単走の両チャンピオン獲得となった)。
2014年に再びトラストにチーム移籍を果たし、D1では前例のないR35GTRでの参戦となった。
シーズン序盤にはマシントラブルが多かったが、後半戦になるにつれ頭角を表し、EX戦で優勝するまでに仕上がった。
2015年は開幕戦から優勝し、その後も上位進出を重ね、最終戦を待たずに3度目のシリーズチャンピオンを獲得した。

一覧へ戻る