紫外線や眩しさから目をまもるという意味において、サングラスは陽射しを防ぐものといえるのかもしれません。けれども、陽の光は本来、私たちの暮らしに欠かせないもの、ここちよいもののはず。そう考えたとき、フォーナインズはひとつの答えに辿り着きました。
「サングラスの本質は、陽射しを防ぐことではなく、ここちよくすることである」。
歩き慣れた散歩道も、大好きなドライブやショッピングも、待ちに待った旅行も……。太陽の下で過ごす多くの時間を、より心が弾むものにする。それが「陽射しを、ここちよく」をコンセプトにする、フォーナインズのサングラス「999.9 feelsun(フォーナインズ・フィールサン)」です。
目を保護する機能、ファッションの幅を広げるデザインはもちろん、毎日でも掛けることができる、快適な掛け心地を追求して。 陽の光の本質を心ゆくまで味わえるように、サングラスを身につける楽しさ、そして気持ちよさを表現しました。
すべては、ここちよい陽の光と、素敵な毎日を送っていただくために。



陽射しを防ぐことではなく、ここちよくすること。
その本質を的確に捉えたクオリティがあれば、サングラスの価値もまた正しく受け入れられます。
サングラスをもっと快適に、もっと身近に。そして誰もが日常的に使用できるものへ。
999.9 feelsunは、サングラスの新たな価値を創造します。



素材の特性を活かす最適設計や様々な独自の機構が生む、毎日でも安心して使える掛け心地の良さ。
そして、着用する人の顔立ちに最適なデザインとサイズバランス。
掛け心地という触覚的な側面と、スタイルという視覚的な側面が高い次元でリンクしてはじめて、「掛けやすい」といえます。
そうした「本当の掛けやすさ」が、999.9 feelsunのサングラスにはあります。



あらゆるシチュエーションに対応できるレンズ環境を整えることで、より多くの方々に陽射しのここちよさをお届けします。
ハイスペックなコーティングを施し、紫外線や眩しさから目を保護する基本機能を高次元で実現した標準レンズは、レンズカーブやカラー、濃度のバリエーションも多彩。
さらに、フレームとレンズの最良のバランスを追求した独自の立体的なフロントカーブ設計により、度付きレンズでもそのままのスタイルで快適にご使用いただけます。