完成度を左右する、「加工」のクオリティ
完成度を左右する、「加工」のクオリティ

専門のセクションによる、最高純度の加工クオリティ。眼鏡はフレームとレンズを組み合わせてはじめて、視力矯正器具として機能します。視力測定や、セミフィッティングなどのデータを元に、レンズを削り、フレームと組み合わせていきます。こうした「加工」の精度は、そのまま眼鏡の仕上がりを左右します。フレームとレンズのバランスが、最適な状態に保たれていないと、眼鏡としての印象が崩れるだけでなく、レンズを通した見え方に歪みが出るなどの不具合にもつながってしまうからです。フォーナインズでは、常に最高な状態でお渡しできるように、加工を行う専門のセクション「総合加工室」を設け、店舗経験もある熟練者が、バリエーション豊富なフォーナインズフレームと、素材・種類・コーティングなど多種多様なレンズの相性を見極めながら、加工を行います。加工に起因する崩れや歪みなどがない、総合加工室の加工クオリティは、半年、1年と長くご使用いただく中でより強く感じていただけるはずです。ご注文からお受け取りまでにいただくお時間は、総合加工室の手によって、お渡し後にはじまる眼鏡との快適な時間に変わります。フォーナインズの考える最適な仕上がり状態を知っているからこそ実現できる、加工のクオリティがあります。

  • Four Nines LENS
  • 理想の眼鏡環境