変わらずにここちよく在り続けることは、ここちよさを求めて変わり続けること。変化はより確固たるクオリティを育み、そのクオリティは多様なスタイルを形成していく。

テーマは「QUALITY-VARIATION -揺るぎなく、変わりゆく-」。さまざまな要素を掛け合わせた多様なスタイルによって、フォーナインズ・クオリティのポテンシャルを表現しました。

普遍と変化。機能と美しさ。過去と未来。メタルとプラスチック。両極にあるように思われる要素でさえも、フォーナインズ・クオリティを介したとき、それらはまったく新しい独自のスタイルとしてひとつになります。

道具としてのクオリティから選ぶ、スタイル。スタイルから選ぶ、道具としてのクオリティ。フォーナインズのスタイルは、眼鏡を求めるより多くの方々に向けた、クオリティ・バリエーションでもあるのです。

眼鏡はいま、人々の価値観を満たしているのだろうか。いまの眼鏡の在り方は、正しいのだろうか。フォーナインズが絶えず眼鏡に求め続けるものと、眼鏡を使う方々が求めているもの。両者を結びつけるコレクションが、眼鏡を必要とするすべての人に、もっと魅力的な眼鏡の「いま」をお届けします。