新解釈による、ベーシックライン。 ここちよい掛け味を、よりシンプルに。

S-660Tシリーズが目指したのは、毎日お使いいただく中で最大限に発揮される普遍的なここちよさ。プラスチックフロントに逆Rパーツと一体のテンプルを用いることにより、これまでのNPMとはまた異なる、ここちよい掛け味を感じていただけるフレームに仕上げました。智周辺の表情に象徴される、フレームの細部にまで行き届いた、異素材の融合がもたらす質感のコンビネーションにより、日常に映える美しさも表現しています。

より多くの方へ向けた、フロントデザイン。

掛け心地の善し悪しだけが、眼鏡の掛けやすさの基準ではありません。S-660Tシリーズは、ベーシックラインとして、すっきりと掛けていただけるフロントの表情も大切にしています。レンズシェイプは、シャープなものからやわらかなものまでニュアンスを変えながらも、どれも掛けやすいスクエアベース。掛ける方の表情を邪魔しないシンプルなフロントデザインで、掛ける人やシチュエーションを選ばず、より多くの方々に掛けていだくことを目指しました。
S-660T lens size : H28 × W53 mm 誰にでもかけやすいオーソドックスなスクエア
S-661T lens size : H26 × W52 mm 女性にもかけやすい樽型のやわらかなスクエア
S-662T lens size : H27 × W55 mm フォーナインズらしいすっきりとしたスクエア

ここちよさを生む緻密な設計

テンプルの中で負荷を解消する設計により、これまでフォーナインズが培ってきた掛け心地の良さをシンプルに表現しています。テンプルには内側と外側で異なるアールをつけて厚みにギャップを持たせ、素材の持つバネ性を高めました。これにより、ストレスなくフィットする軽快な掛け味を実現。さらに、テンプル先端から智にはボリュームを持たせ、その外側と上下にくびれをつけています。この形状が、掛け外しの際など智からフロントにかかる力を軽減します。眼鏡を掛けているときはもちろん、掛ける瞬間からここちよさを感じていただけるテンプル設計です。

フレームを支え、表情に深みを

智からテンプルの体積を大きくし、テンプルからこぼれたわずかな力をフロントにかかる前に抑え、しっかりとフレームを支えます。智の存在感やテンプルとの流れを際立たせる凹型のデザインがすっきりとした表情の中に深みのある印象を与えます。

新解釈がもたらすもの

眼鏡使用時に負荷が生じた場合、その力を受ける支点となるのは智。それが従来の眼鏡の構造です。負荷が智に集中する、といってもよいでしょう。結果、フロントの歪みや形崩れにつながり、掛け心地を損なってしまうというわけです。そのような状況を解消するために、フォーナインズには負荷を解消する起点となる機能パーツ、逆Rヒンジやバランサー、蛇腹形状などの機構があるのですが……。S-660Tシリーズでは、あえてそうした機構を用いずに、ある新解釈をしました。負荷を解消する支点となる場所を、智ではなくテンプルに移動させるという試みです。それが、ボリュームを持たせてくびれをつけたテンプル先端部。ここを支点とすることで、バネ性を高めたテンプル形状やボリュームのある智がより効果的に働き、負荷を解消します。S-660Tシリーズが、シンプルな佇まいでありながらも、フォーナインズらしい掛け味を実現できた理由は、ここにあります。

表情と強度を作る新設計のブリッジ

シンプルな表情とフロント強度を実現する、新設計のシングルブリッジ。ブリッジ両端の下側に返しをつけたデザインにし、縦方向に距離を取って、強度を高めています。1本であっても多方向からの力をしっかりと支えられる設計です。フロントの表情に合わせて、S-660T・S-662TとS-661Tでブリッジの形状も変えています。
、S-661T:より柔らかい表情を作る繊細なブリッジ

COLOR VARIATION

カラーバリエーションは、各型7色での展開です。どれもベーシックラインとして手にしていただきやすいカラーになっています。フォーナインズの定番から、男性向け、女性向けのカラーまで。シリーズとしての色展開の幅も広く、選ぶ楽しみのあるカラーバリエーションになっています。

PHOTO GALLERY