999.9 Gallery New Collection 2010-2011 趣 -texture- サイトTOPへ

S-110T series S-110T / S-111T

ブロウが描く曲線の美しさ、
立体感のある新たなメタルブロウの趣深い表情。

フォーナインズの象徴的な機構のひとつであるバランサーを用いた良質な掛け心地、そしてメタルブロウの新たな質感を実現したシリーズです。これまでもさまざまな形で表現してきたフォーナインズのブロウフレームが描く曲線の美しさに、さらなる奥行きを求めました。メタルブロウが描く曲線の美しさに立体感を加えるカットリムと新たな構造により、趣深い表情を作っています。

立体感を実現する、フロント構造

ダブルフロントを発展させた、新たなフロント構造です。ブロウバーとカットリムの関係性が作る立体感が、見る角度や掛ける方によって印象を変えます。プロダクトとしての高い質感と眼鏡としての豊かな表情を作りました。ブロウバーとカットリムの上下の位置関係をずらし、前面のブロウから後のリムが覗くようにすることで、フロントの表情に奥行きを。さらに、ブロウバーを曲智にして後方に向けて大きく曲げ、立体感を高めています。レンズを支えるリムは、ブリッジ裏に左右それぞれ固定し、ブロウバーから独立させているため、テンプルからの負荷が直接レンズに干渉しません。

ブリッジが作る、それぞれの表情

フォーナインズの機能パーツのひとつである、バランサーを用いています。このパーツを起点として、フレーム全体で力の吸収・分散を行います。テンプル合口を二又の形状にし、バランサーのバネ部を伸ばすことで、さらに効率よく負荷を解消できるようにしました。テンプル側に配置したバランサーとフロント側のパーツが一対であり、過度な負荷がかかった場合にはバランサーをフロント側で受け止めることができます。

立体感を実現する、フロント構造

智にラインを施し、ヒンジ、テンプルへとつながる直線的な流れを強調しています。さらに、テンプルとモダンを4面で合わせてつなぎ、より一体感のあるサイドの表情を演出しました。美しく立体的なブロウラインからの流れ、智からモダンまでの各パーツの一体感。線の美しさを、サイドの表情からも感じていただけるデザインです。

レンズシェイプ

フロントの表情は、ブロウラインで変わる

シャープな印象のS-110Tと、やわらかな印象のS-111T。レンズシェイプに合わせてブロウラインも変え、それぞれに特徴のある表情を作っています。S-110Tのブロウラインは、繊細なブリッジから智に向かって徐々に厚みが増すデザイン。S-111Tは、ブリッジにボリュームを持たせたブロウラインです。また、両型とも累進レンズ使用により適した天地幅の、TypeBのレンズシェイプもご用意しています。

S-110TType AType B
S-111TType AType B

カラーバリエーション

両型とも全6色での展開です。新色は、S-110Tのシルバーマットシャーリング(col.4)、ライトブラウン(col.8)、S-111Tのホワイトゴールドマットシャーリング(col.3)。基本となるカラーの系統は共通ながら、ゴールド系、ブラウン系、チタンシャーリング系の3色においては、両型の印象に合わせてツヤの有無や色味を変えているのも特徴です。

S-110TS-111T

Photo Gallery